小論文(essay)を書く

今年の夏休みも今日で終わりですね。一部の地域や学校によっては既に新学期が始まっているようですが。多くの高校生までの生徒さんは大体が明日から始業式ですね。夏休みの宿題はどうでしたか?

最近は小論文(essay)を宿題にする学校も増えているようです。essayの宿題は海外では多い宿題です。数種類の文献を読んで自分が興味があることについて論じることは論理的な発想のみならずそれ事前に多くの資料を読むため読解力や語彙力が増えます。

しかし、実際にそれを書く場合いくつかの注意点があります。せっかくの情報や自分の意見も書き方を間違えれば非常に読みにくく趣旨が伝わりません。更に自分の意見のように引用した言葉や情報を使うことは盗用(plagiarism)と呼ばれ小論文、論文などでは禁じられています。日本人は中高から論文やessayが少ないせいか論文におけるplagiarismに対する意識もまだ少ないようです。

小論文を書けるようにするにはまず小論文がどのような構成か、またどのように引用するのかなどの書き方を学ぶことで読解力が高まり、同時に作文力が高められます。日本文での論文でもその構成を正しく行えれば将来英文での論文を書く場合困ることは無いでしょう。当校では中上級者には英語の論説文の読み方並びに書き方を指導しています。

Essay-Writing