外部検定利用には英検準2級以上が必要

2020年度以降の大学入試から英語外部検定が利用できることになることは何度もお知らせしていますが、どの検定を受験したらよいのかわからない人やそのための必要資格や長期的プランがまだ出来ていない方が多いと思います。

実は外部検定利用の英検の2級や準1級に誰でも出願出来るわけではありません。

英検準2級を既に合格している高校生や浪人生でないと外部検定利用ができません。

2年時の申し込みの際に持ってないようですと大学独自の英語試験を受験することになります。

つまり英検準2級は高校1年年生の第三回または2年時の第一回までに合格し、2級や準1級の対策を行っていないと英検2級の準備も十分に行えません。特に近年は英検2級でも英検2級Aというハイスコア(2150点以上)を指定する大学も増えています。英検準1級に近いレベルまで英語の4技能を高めるには高校生の1年生の後半には2級の準備に取り掛かることをお勧めします。

更に詳しくは旺文社の大学受験パスナビでも説明があります。

受験生の方、来年度受験生なる方は是非ご覧になってください。

旺文社 大学受験パスナビ

https://passnavi.evidus.com/gaibukentei/index.html

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です