文科省の決定を聞いて

大学入試試験に民間英語検定試験の導入が2020年からのスタートが延期となり2024年となりました。これは今回の制度的な部分の改善が必要な点が指摘されたものでした。実際に遠隔地の生徒さんなどは受験がしにくいことは問題があったと思います。試験形式も多いこと、料金体系が異なることも問題でした。

実のところ個人的には日本に根付いた比較的安価な英検で良いのではないかと思っていました。また英検を主催している英語検定協会が作ったTEAPなどは特にアカデミックな英語試験として作られていて大学入試の英語試験としては非常にバランスが取れているのでなぜ普及しなかいのか疑問に思っていました。

統一することは難しいと思いますが4技能のバランスのとれた日本の環境に適した英語試験にしぼりこみ、または国が国営の組織を作り民間からの研究者などとともに国の費用で独自の4技能j英語試験を作ることが良いのではと思います。

いずれにしろ、今後はセンター試験の2技能英語試験はなくなり、4技能の英語試験になることは確実です。小中校生は4技能の英語習得を現在の民間の検定問題集などを活用し、あらゆる英語試験にも対応できるように英語力をバランスよく磨いていただければと思います。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です