長文読解問題におけるキーセンテンスのアプローチ

英検二次試験お疲れさまでした。また次のステップに向けて頑張りましょう。

さて、今日は長文問題にについて書いてみたいと思います。長文読解問題は難しい半面読解のコツと問題解法を覚えると実に正確に解くことが出来る問題です。空所問題と違い答えが本文にあるわけですから。点数配分が大きい試験も多いので読解問題が強くなると良いですよ。

ただ答えを導き出すキーセンテンスがキーワードから探せたとしてもそこにはいくつかのハードルとトリックが隠されています。

過去の英文長文問題、英検、TOEIC、センター試験などの長文問題を分析、また自らの解法を分析、更には自らがオリジナル長文問題を作成する際の作成手順を考察した結果キーセンテンスの位置、キーセンテンスの種類、キーセンテンスの解釈方法が数パターンあることが分かりました。

この解法は実のところ私も最近気付いたものです。パラグラフリーディングやキーワードリーディング、コンテクストマーカーリーディングと一緒に活用すると非常に効果があると思います。

今後長文問題でも難しい2級や準1級の問題練習指導に活用していきたいと思います。おそらくこのアプローチはリスニングのパッセージの聴解にも使えそうなのでリスニング問題にも使えるか今後クラスで試していきたいと思います。