Halloweenの起源について

今日10月31日はHalloweenですがこの祝日の起源はご存知でしょうか?アメリカ人でもイギリス人でも無くグレートブリテン島に6,000年以上前から住んでいたCelt(ケルト)の人たちのお祭りです。後にローマ帝国がブリテン島を支配しその時キリスト教徒にされたケルトの人たちはそれまでSamhainと呼んでいたハロウィンの原形となる祭りをカトリックの11月1日がAll Hallow’s Day(諸聖人の日, hallowはsaintの同義語で「聖人」)の前日となるためHallow’s Eveと呼ぶようになり長い時の中で呼び方を短くしてHalloweenと呼ぶようになりました。つまりハロウィンとは「諸聖人の前夜」という意味でAll Hallow’s Eveと呼ぶ人もカトリックの方もいます。実はこのハロウィンはカトリックのお祭りの為全てのキリスト教徒が行っているわけではありません。宗教改革以降プロテスタントを国教としてイギリスはプロテスタントのGuy Fawksという祭りを11月4日に多なうぐらいでハロウィンも諸聖人の日も祝いません。プロテスタントに迫害されたケルト系のカトリックが後にアメリカに渡りそこでアメリカの東部でその伝統を続けたのが今日のアメリカのハロウィンの姿です。